独自のガバナンスシステム

新しい高尚な社会的モデル

N

NAOSは、一般的な資本主義社会的スキームを超越したモデルの基礎を築き、そのガバナンスのシステムを株主基金を提案しています。モデルの独創性は、価値を生み出すために資本と意思決定力の分離に基づき、忠義、正義、独立の精神ですべてのNAOS活動の永続的な発展を確保し、会社、およびその存在理由を確かなものにします。

このモデルを基礎に、2つの活動が実践されています。:

会社を通じた経済活動:

NAOSはブランドを通じて、今日はスキンケアの分野に存在し、明日はヒューマンケアに存在します。NAOSライフサイエンス研究所、そして収益の一部は、ヒューマンケアのサービスにおける主要な研究プロジェクトに充てられています。NAOS企業心および財務は、ヒューマンケアの分野で活動する新興企業またはその他の組織に関与。

 

 

寄付基金による活動:

寄付基金は会社の資産を保有しています。 非営利活動において成長する可能性を秘めた人達への支援と発展させることを目指しています。


NAOSの憲章

このモデル、憲章の中心 ジャン=ノエル・トレル

この憲章では、一般的な資本主義的スキームを超越するべく、新たなガバナンスモデルを提案しています。 2011年にジャン=ノエル・トレルが考案し執筆した憲章に則り、NAOSの価値を尊重した会社規則および運営原則を定めています。 憲章は以下を許容しています。 – NAOSの持続的成長と理念 – NAOSブランドのイノベーション – 人類の可能性を引き出すための行動の実施 – ヒューマンケア分野への多様化

illustration naos

憲章は上記4つ使命に関連したあらゆる決定を統轄する規則と原則をまとめています。 その最終的な目的は、持続可能な成長を通じてNAOSの活動の末永い発展を確かなものにすることです。

社長のジャン=ノエル・トレルとセリーヌ・ヌブ、そしてアレクサンドル ドュエージュに代表されるNAOSのガバナンスは、会社内の主要責任者の任命および重要な投資のための意思決定プロセスを決定します。